女性の辛さ

日本人は世界の中で平均寿命が長いことは誰もが知っております。特に女性は男性よりも平均寿命が長く、少し不公平ともいえますが仕方がありません。ともかく多くの死に様や遺産分割などに相対する機会が設けられているわけです。そんな遺産分割の時に重要になってくるのは妻や母や嫁だったり近くの相手なわけですね。近年女性の相続トラブルが多いわけです。ですから特に女性について学ぶ必要があります。いつまでも輝く女性となるためにも社会の勉強は大切でしょう。

たとえば結婚していない、未婚の男女の間に生まれた子供、いわゆる婚外子の相続分は本妻の子の2分の1なわけです。しかし何年か前にこれが覆されて、内縁関係の女性との間に生まれた婚外子でも本妻の子と同じ相続を受けることができると裁判で認められたのです。すごいですね。本妻の立場があったもんじゃありませんよ。妾の汚い子に・・などと暴言をつぶやき暴れだした多くの本妻たちがいるとニュースで見たことがあります。これは法律上の妻や子供にとってはめちゃくちゃな判断であり、婚外子は認められて嬉しいと話す一方、心のなかでにえくりたぎっているものがあり子供と妻にとってはふざけた判決だと言わざるを得ないでしょうなどと供述しており・・・しかし子供に罪はないわけですから、そこはちゃんとしましょう。ともかく夫はまともな遺言書書いてくださいよということです

また子供がいない場合、夫の死後、すべての財産は妻が独占できると考えがちです。しかし夫の両親が生きてると、夫の両親も法定相続人になるのです。そこで果てしない修羅場が繰り広げられるのです。A子さんあんた調子のりすぎじゃないかと。また父母が亡くなっている場合でも、兄弟や姉妹がいる場合には、兄弟姉妹も夫の遺産を受け取る権利があるのです。

さらに兄弟が亡くなっている場合でもめいやおいが相続人になるのです。妻は自分だけの遺産ではないため、遺産分割協議をしなければならなくなります。

この遺産分割協議は全員の戸籍謄本を集めて書類に印鑑をもらわなければなりません。疎遠な義理親族との話し合いはストレスになりますし、連絡先を知らないケースもおおいでしょう。相続人が多ければ多いほど、分配される遺産は少なくなりますので、想定していた財産分与部を受け継げることはほとんどないでしょう。女性は遺産相続をする時には覚悟をしておく必要があるのです。