女性の辛さ

日本人は世界の中で平均寿命が長いことは誰もが知っております。特に女性は男性よりも平均寿命が長く、少し不公平ともいえますが仕方がありません。ともかく多くの死に様や遺産分割などに相対する機会が設けられているわけです。そんな遺産分割の時に重要になってくるのは妻や母や嫁だったり近くの相手なわけですね。近年女性の相続トラブルが多いわけです。ですから特に女性について学ぶ必要があります。いつまでも輝く女性となるためにも社会の勉強は大切でしょう。

たとえば結婚していない、未婚の男女の間に生まれた子供、いわゆる婚外子の相続分は本妻の子の2分の1なわけです。しかし何年か前にこれが覆されて、内縁関係の女性との間に生まれた婚外子でも本妻の子と同じ相続を受けることができると裁判で認められたのです。すごいですね。本妻の立場があったもんじゃありませんよ。妾の汚い子に・・などと暴言をつぶやき暴れだした多くの本妻たちがいるとニュースで見たことがあります。これは法律上の妻や子供にとってはめちゃくちゃな判断であり、婚外子は認められて嬉しいと話す一方、心のなかでにえくりたぎっているものがあり子供と妻にとってはふざけた判決だと言わざるを得ないでしょうなどと供述しており・・・しかし子供に罪はないわけですから、そこはちゃんとしましょう。ともかく夫はまともな遺言書書いてくださいよということです

また子供がいない場合、夫の死後、すべての財産は妻が独占できると考えがちです。しかし夫の両親が生きてると、夫の両親も法定相続人になるのです。そこで果てしない修羅場が繰り広げられるのです。A子さんあんた調子のりすぎじゃないかと。また父母が亡くなっている場合でも、兄弟や姉妹がいる場合には、兄弟姉妹も夫の遺産を受け取る権利があるのです。

さらに兄弟が亡くなっている場合でもめいやおいが相続人になるのです。妻は自分だけの遺産ではないため、遺産分割協議をしなければならなくなります。

この遺産分割協議は全員の戸籍謄本を集めて書類に印鑑をもらわなければなりません。疎遠な義理親族との話し合いはストレスになりますし、連絡先を知らないケースもおおいでしょう。相続人が多ければ多いほど、分配される遺産は少なくなりますので、想定していた財産分与部を受け継げることはほとんどないでしょう。女性は遺産相続をする時には覚悟をしておく必要があるのです。

信託銀行さん

相続争いを防ぐために重要なのは生前に遺言書をしっかりと作成しておくことです。法的に作成された遺言書であればその記載されてるままに相続されることになりますので、相続人の間で激しい争いが起こることは少なくなります。最近では個人で遺言を作るとのちのち面倒なことになりがちなので、お隣さんが入って第三者の厳しい目で見てもらう事が増えています。しかしそのお隣さんが専門家でもなく何でも無い場合は余計ややこしくなりますので信託銀行だとか弁護士だとかに頼むというわけです。自分が死んだ後、家族が争いごとを起こすのは不憫だと感じる方はこの遺言信託サービスを利用するケースが多いです。自分で遺言書を作ったらもうありとあらゆる災難が襲いかかり昼ドラマのような血で血を洗う闘争が繰り広げられるのです。ここでは遺言信託の内容についてと、利用する上で注意したい点について考えてみましょう。遺言信託のサービスを届けてくる良質な企業さんは多いといえるでしょう。しかし悪い評判のところもあるのでそこへ行ってはいけません

遺言信託のサービス内容は3段階に分けることができます。まず1つ目に遺言書作成です。遺言はものすごい力があってそんな簡単に覆れりません。これで死んだ人が分けるって言ってるんだからこれで良いだろというわけです。遺言と違うことしようぜとか言い出した人がいても、全員同意しないとそんなの通るわけがありません。これちょっとかわいそうだろという場合でも遺言の効力はすごいのです。遺留分減殺請求などで大火事となる場合ももちろんあります。しかし遺留分が侵害されてない場合はちゃんと通るんです。つまりは遺言って意外と奥が深いなってことです。変なこと書くとそれこそ細菌のように災いが広がっていくのです。そこで遺言信託サービスでは信託銀行に任せることができます。ですからある程度時間はかかっても信託銀行さんに丸投げしますってのが実は良い案なのです。

成年後見制度の報酬が高い

じいじに成年後見が必要になった。でもって調べてみたはいいんだけど意外とデメリットが多いというかやってない人が多い。成年後見人の報酬がいくらか調べてたらおもしれえことが書いてた。月に2万円とか書いてる。たけえ。払えねえよ。こりゃもう増殖するしかねえんじゃねえか?だってよぉ、タンス預金があるわけだし。タンス預金を作った日付までは覚えていないが、(そもそもあれをタンスと読んで良いのかわからないほど不思議な形をしているが)、いつからか彼のタンスの中にはお金が入っていた。あれをFXとか株で増殖させて報酬を支払うしかねえのかなという話。けど単にFXといっても素人には難しいわけでまず何から始めればいいかわからないしそもそもが倫理的に大丈夫なのかなという話。不謹慎極まりない感じもするし犯罪だというわけでもないので個人の良心に負かされている感じはする。けどこういうものこそ伸長に計画的にしなくてはいけないことは消費者金融に騙されてしまった人々を見れば分かる。例えば90年代後半からだったと思うが自殺者数が急激に伸びた。バブル崩壊したからだと言われているが、俺の周りでも株で失敗して中国の北東部に逃げてしまった人がいた。夜逃げならまだいいが自殺はきつい。FXもそこへ繋がるんじゃないかと感じているのだ。そしてもしそれが人がなくなった際にその借金まで相続しないといけないという話になったら遺産分割トラブルになってしまうのは目に見えている。兄弟間で争い、そして殴り合い程度ならまだいいが、コロシアム級の殺し合いが実際行われいるし警察沙汰になってしまったら末代までの恥だ。だから成年後見制度には十分注意したい。

かかりつけの弁護士を見つけておこう

「行列のできる法律相談所」など法律に関して分かりやすく説明してくれるテレビ番組が増殖してきており、社会的な培養が進んでいます。また弁護士がテレビや雑誌などのメディアに登場する機会も増えています。そのため弁護士という存在が以前に比べると身近なものに変わってきていると感じている人も多いのではないでしょうか?しかしいざ自分の身に何か起こった時にすぐに頼ることができるかかりつけの弁護士がいるという人は意外と少ないもの。かかりつけの病院や医師はいたとしても、かかりつけの弁護士事務所や弁護士がいるという人は限られているのです。しかしこの現代ではたくさんの訴訟が行われており、常に訴訟リスクが潜んでいるとも言えるのです。例えば相続トラブル、離婚訴訟、隣人トラブル、痴漢冤罪、ぼったくりなどたくさんのケースが考えられます。自分に合った弁護士を時間がある時に探しておくことをおすすめします。弁護士に相談すれば交通事故に遭った場合の慰謝料なども通常の1.5倍以上とれる場合もあるのです。

兵器かテロか、燃料電池か、遺産相続か?

毒素を吐き、 胃腸炎や肺炎にかけようとする微生物だか細菌だかウイルスだが悪玉菌だかがいる一方、燃料電池として用いられる微生物もいるらしい。同じように遺産相続においてもごっそり一人でお金をがめつくいただこうとする親族もいるし、他界した父や母を最後まで無償の奉仕で介護する娘もいたりする。しかし細菌もバクテリアも遺産相続をする人間も所詮、みんなおんなじようなものだと言いたいわけではなく、ましてや、兵器として地下鉄やバスで使おうとするテロリストと介護するやさしい娘も全部おんなじだ、と言いたいわけでもない。微生物には相続問題を解決するヒントが備えられているか、もしくはまったく備えられてる気配すらないという二者択一を誰かに突きつけたいという欲望があるというわけでもない。私が言いたいのは、遺産相続そのものが微生物的要素があって、研究所で分析ができるということなのだ。しかしもちろん違うところもある。それをこのブログでは語っていきたいと思います。マイクロの世界へ、そしてマクロの世界へ。増殖し続ける遺産問題の行き先を知ることで、あなた自身を知ることにもなる。さらには世界を知り将来を知り、果ては今まで誰も見たこともないものも見るかもしれない。それくらいのスケールが相続にはあるのです。なんたるや顕微鏡の世界!