かかりつけの弁護士を見つけておこう

「行列のできる法律相談所」など法律に関して分かりやすく説明してくれるテレビ番組が増殖してきており、社会的な培養が進んでいます。また弁護士がテレビや雑誌などのメディアに登場する機会も増えています。そのため弁護士という存在が以前に比べると身近なものに変わってきていると感じている人も多いのではないでしょうか?しかしいざ自分の身に何か起こった時にすぐに頼ることができるかかりつけの弁護士がいるという人は意外と少ないもの。かかりつけの病院や医師はいたとしても、かかりつけの弁護士事務所や弁護士がいるという人は限られているのです。しかしこの現代ではたくさんの訴訟が行われており、常に訴訟リスクが潜んでいるとも言えるのです。例えば相続トラブル、離婚訴訟、隣人トラブル、痴漢冤罪、ぼったくりなどたくさんのケースが考えられます。自分に合った弁護士を時間がある時に探しておくことをおすすめします。弁護士に相談すれば交通事故に遭った場合の慰謝料なども通常の1.5倍以上とれる場合もあるのです。

兵器かテロか、燃料電池か、遺産相続か?

毒素を吐き、 胃腸炎や肺炎にかけようとする微生物だか細菌だかウイルスだが悪玉菌だかがいる一方、燃料電池として用いられる微生物もいるらしい。同じように遺産相続においてもごっそり一人でお金をがめつくいただこうとする親族もいるし、他界した父や母を最後まで無償の奉仕で介護する娘もいたりする。しかし細菌もバクテリアも遺産相続をする人間も所詮、みんなおんなじようなものだと言いたいわけではなく、ましてや、兵器として地下鉄やバスで使おうとするテロリストと介護するやさしい娘も全部おんなじだ、と言いたいわけでもない。微生物には相続問題を解決するヒントが備えられているか、もしくはまったく備えられてる気配すらないという二者択一を誰かに突きつけたいという欲望があるというわけでもない。私が言いたいのは、遺産相続そのものが微生物的要素があって、研究所で分析ができるということなのだ。しかしもちろん違うところもある。それをこのブログでは語っていきたいと思います。マイクロの世界へ、そしてマクロの世界へ。増殖し続ける遺産問題の行き先を知ることで、あなた自身を知ることにもなる。さらには世界を知り将来を知り、果ては今まで誰も見たこともないものも見るかもしれない。それくらいのスケールが相続にはあるのです。なんたるや顕微鏡の世界!